« あらためて | トップページ | ダウンヒル »

2006/03/13

Hawaii maui ”ハレアカラ火山”

Dsc00360jpg_6

数年前の10月にいった、ハワイ州マウイ島にある”ハレアカラ火山”。
360度無限に広がる地球外のようなあり得ないロケーションに唖然。
惑星探索をしている感覚に手軽になれます。
ベージュ系のグラデーションだけで広大なエリアが構成され、そこには太古の火山噴火のクレーターと変な植物しか存在しないのです。
しかもそこはトレールがいくつか引かれていて、マップを手に手軽のトレッキングも楽しめます。
道もわかりやすいので体力あれば初心者でも大丈夫。もちろんコンパスと地図と水だけは必要ですが。
クレータの稜線もトレッキングルートになっているので、クレータの内部も覗けますぜ。おちたらアウトですが。

Dsc00420jpg_2

で、ここ”ハレアカラ”に訪れた際のおすすめですが、、、、、
[絶対にトレイルを歩くべし]
しかも2人とか少人数で。
ちなみに山頂のトレイル入り口がら1個目のクレータを周回して、元の場所に戻るコースで十分かも。
このルートならハレアカラの一番きれいな部分だけを堪能することが可能なんで。

Dsc00386jpg_2

一般的な観光ルートは、早朝の日の出を山頂から堪能して、その後はハレアカラの車道を自転車でダウンヒルするというツアーがほとんどのようです。実際ほとんどの人はそうしていて、凄まじい数の自転車が車道を下っていました。でも、その行程では、常に人ごみに囲まれ、ハレアカラの本来の良さを味わう事は出来ないような気が。日の出を見る時も場所取りが大変なくらいに人が多い、、、、まるでお花見状態、、、、、

やっぱ、アウトドアに行くからには非日常な体験をしたいもんです。
文明ゼロの状態で自然を堪能するにはやや苦労と工夫は必要。
なのでぜひ4時間くらいの時間をとってトレイルに出てみるのをおすすめします。
不安になるほど静かで、文明のかけらも感じない不思議な空間。
贅沢だな。

Dsc00432jpg_3

ちなみに僕は嫁と2人いったのだが、無理して長距離ルートを選択。
山の途中に車をおいて、そこからヒッチハイクで山頂へ。で、車の場所まで戻るルート。
7時間くらいかかって結構大変だった、、、
車に戻ったときはほっとした、、、、、
なので、手軽にと言うのであれば1個目のクレーターで十分。

ジェットボイルとおいしいコーヒー豆もっていけば、最高のコーヒー飲めますよー。

Dsc00356jpg_2

装備はこっちらー。
服装:
10月は朝5時くらいは0度前後、昼間は一気に真夏の気温になります。
ザックの中には薄いダウン、防風のシェルなどの冬物を入れといて損なし。てか必要!
あと昼間の着替えようにTシャツ、短パン、日焼け止めは携帯しましょう。

シューズ:
地面は細かい砂と岩が多く、グリップ悪いです。砂漠みたい。それなりのトレッキングシューズ<トレイルアスレチック系>が必要ですね。僕はナイキACGアスレチックシューズで行きました。テオカリやシールセンがいいかな?ちゃんと溝のあるソールで行きましょう。フォース1やオールスターとかは苦労しますよ。

ルート確認:
コンパス、マップは絶対。ないとけっこう不安になります。
それくらいに人がいないのです。目印もないし。

お楽しみ系:
コーヒーセット。
ジェットボイルを使用していますが、これ最高。コンパクトで便利で手放せません。
足場が悪いので、安定させるためにトレーなどあるといいかもですね。MSRのストーブ用折りたたみベースで十分です。
あと水は出来るだけ持っていきましょう。あついので結構消費しますよ。

Dsc00450jpg_2


|

« あらためて | トップページ | ダウンヒル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66952/1018627

この記事へのトラックバック一覧です: Hawaii maui ”ハレアカラ火山”:

« あらためて | トップページ | ダウンヒル »