トップページ | 2006年4月 »

2006/03/16

カクタス カップ

1
ひょんな事から出場する事になった、スペシャライズ主催のクロカンレース[カクタス カップ]。ダウンヒルやクロカンが様々なレベル、形態でエントリーできる、参加して楽しいイベントです。

そんなイベントのクロカン耐久レース部門に、不健康全快、日々運動不足の4人組でエントリー!出走を記念して前の晩は深い宴。バイクはクロカンには重すぎるコナのダート系バイク。ギアも男らしい適当なものです。現地のメカニックにも[本当にこれで出るの?]といわれたねー。

おかげで1周終わった時点で、気分悪くなりトイレ直行。でもその後すっきりして2周も走れた。結果はビリから2番。オレらより遅い奴ら、アカんな。

でも、午後の虹はきれいでした!

今年はそのそののみエントリー?
オレはビールとゴザで応援してるよー。

2_1

3_1

4_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイ ノースショア

Dsc01503jpg
今回は12月のハワイ ノースショア。

なんやかんやで行く機会が多く、だいぶ詳しくなってきた。個人的に一番パワーを感じるというか、肌に合う気がする場所。基本的にはカナダとか北米の針葉樹の山の景色が好きなのだが、ここだけは特別。本当に楽しいです。何する訳でもないのだけど。

仕事の関係で12月に訪れて、朝ニュース見てたら、パイプラインマスターズ開催!とのこと。ロケ地の近くだったので、みんなで見てきました。すごいタイミングでいいもの見れたって感じです。
現場は望遠レンズ持ったカメラマンや、水着姿のギャリーで溢れかえっていて、ノースショアの海岸線の道は永遠渋滞、路肩はびっしり路駐の状態。みんな車捨ててポイントに向かって歩いてるんだけど、この景色も何ともいいもんだった。

しかしすごいね。あの波。
サーファーが点にしか見えないような距離で波がたつんだけどデカイのなんの。ヤバいです。あそこに一気に5人くらいがドロップしていくのは気が狂っているとしか思えない。周りにたくさん待機したジェットスキーたちがまた気分を盛り上げてくれます。

そんな感じでまた見に行きたい!12月の波!
12月はワイキキなんかにいないでノースに行った方が面白いよ。

写真はこちら
http://homepage.mac.com/motoula/PhotoAlbum11.html

Dsc01483jpg
Dsc01608_1
Dsc01547jpg
Dsc01643jpg
Dsc01646


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/15

極寒キャンプ開催!!

Sono_1
朝霧高原にて週末キャンプ開催?
ご丁寧にフライヤーまで用意されています。
報告は来週ー。
ない可能性もありますが、あしからず。
ほな。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナパリコースト ”カウアイ” 

Dsc03599

Dsc03571今回は昨年行った、ハワイ州カウアイ島にあるナパリコースト。
トレイルがあるので、歩いてきました。で、ついでにビーチにテントを張って1泊。
とにかく最高。
基本的にケエビーチ〜ハナカピアイビーチまでは距離が短く、1時間半もしないで歩けます。多分。
なのでのんびりいって、ビーチで思いっきり遊んで、サンセットみて、寝て、早朝から誰もいない海で遊んで。
贅沢すぎます。
普通日帰りでここまでは遊びにくるから、4時以降は人がいないのよ。
なので、ナパリのビーチを貸し切り状態で思う存分堪能できた。
次の日は朝から、ハナカピアイビーチから2時間くらいの滝を見にいきました。
往復は結構つらかったな、、、

Dsc03654普通は終点のカララウビーチまで行くんだけど、それだと往復3日かかるかな?
上級者でないと厳しいと思う。
結構仙人系のおじさんたちが、えっ?ってくらいの軽装でカララウ目指して消えていったな、、、
杖とドライフーズと水しか持っていないし、、、
アメリカ人にとってあこがれのトレイルなんだそうな。
ジュラシックパークのオーップニングに出てくる海岸線です。

Dsc03674今回、ヘリで空から、ボートで海から、そして歩いてと、3つのアプローチでナパリコーストを堪能。
それぞれに良さがあるけど、やはり歩いていくのはいいね。
観光客に会わないためには時間をずらすのが一番。早朝、夕方のいい時間も味わえるし。
なんで、テント泊をおすすめします。
自分で時間を選んで行動できるのもトレッキングだけ。
ボートやヘリは時間が決まってるんでね。

Dsc03478ちなみに、行く時はくれぐれも水を多めにもっていきましょう。
川の水は飲めません。
レプト菌ってウィルスに感染するそうだ。。。。
雨も多いのでレインウェアも忘れずに。

Alalau_trail

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/14

ロードレーサー

Kamisaku_bike

昨年のハワイでの1シーン。
で、何?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

GENTEM STICK

06gtmstclg1

Ca280017_1

そろそろシーズンも終わりに近づいてきたけど、今年はこの板に本当にお世話になりました。ゲンテン スティックの”マンタレイ”!!!ヤバいです。最高です。
おかげで今まで以上にスノーボードが好きになった。154センチと短めだけど、ノーズ幅300ミリオーバーの個性的な板。最高に面白く動きます。ストレスを全く感じる事なく、思った通りに動いてくれる板で、今後これなしでは山に行けないなと。ゲレンデ、パウダー、ビックバーン、どこでも問題なしで調子いいです。
はじめの2日間くらいは、やはり癖を感じ、なれるのに戸惑ったけど、もうそんな事はありませんぞ。
僕の身長は180センチだけど短さも感じないし、男性ならだいたいの方が乗りこなせそう。
完全に今まで違う感覚なので是非乗ってみて。
とはいっても変な癖があるって訳ではなく、自由に動く乗りやすい板だってことです。
気持ちいいってよりは、楽しい板。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

The collective

Collective_1

最高の映像作品をどうぞ。
MTBのビデオで[The collective]。
映像、音楽、そしてライディングと、すべてが最高です。
バイク好きじゃなくても旅に出たくなると思う。これ見れば。

Dvd1

http://www.thecollectivefilm.com/

そしてこのThe collectiveの続編がもうすぐ登場。ROAM!!
4月以降との事で、まちきれないです。

Dvd2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハレアカラの続き

Halemap1_1

トレイルマップを追加ですー。
青文字の番号が、僕の歩いたコース。
行程7時間くらい。結構のんびり歩いてですが。
5までの行程は前回アップの写真のような景色で、
5の山小屋から先は突然中国の山奥のようなアジアな景色にかわります。
雲の位置から天気も安定しないエリアに入るので、カッパがあるといいかも。

サクッといいとこ取りしたい場合は<1>のクレータを一周して元のスタートに戻る方がいいかもです。
片道1時間くらいで行けるので、気に入った場所でのんびりコーヒー飲んだりするのもいいと思う。
そうすればヒッチハイクもしなくてすむし。
山なんでなかなか車捕まりません、、、、

次回行くときはそのまま海に向けるルートにいきたい。
で、ボートでキヘイの町に戻るとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウンヒル

Yasu1_1

週末、茨城県の高峰山に仲間5人でMTB DOWNHILLへ。
気候が良くないせいか、人はわずか。
初めてのコース、しかもあまりに楽しいコースに調子のってたら、
大コケ、そして肋骨にヒビ、、、、
痛い、、、

http://www.takamineyama.com/

Yasu2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hawaii maui ”ハレアカラ火山”

Dsc00360jpg_6

数年前の10月にいった、ハワイ州マウイ島にある”ハレアカラ火山”。
360度無限に広がる地球外のようなあり得ないロケーションに唖然。
惑星探索をしている感覚に手軽になれます。
ベージュ系のグラデーションだけで広大なエリアが構成され、そこには太古の火山噴火のクレーターと変な植物しか存在しないのです。
しかもそこはトレールがいくつか引かれていて、マップを手に手軽のトレッキングも楽しめます。
道もわかりやすいので体力あれば初心者でも大丈夫。もちろんコンパスと地図と水だけは必要ですが。
クレータの稜線もトレッキングルートになっているので、クレータの内部も覗けますぜ。おちたらアウトですが。

Dsc00420jpg_2

で、ここ”ハレアカラ”に訪れた際のおすすめですが、、、、、
[絶対にトレイルを歩くべし]
しかも2人とか少人数で。
ちなみに山頂のトレイル入り口がら1個目のクレータを周回して、元の場所に戻るコースで十分かも。
このルートならハレアカラの一番きれいな部分だけを堪能することが可能なんで。

Dsc00386jpg_2

一般的な観光ルートは、早朝の日の出を山頂から堪能して、その後はハレアカラの車道を自転車でダウンヒルするというツアーがほとんどのようです。実際ほとんどの人はそうしていて、凄まじい数の自転車が車道を下っていました。でも、その行程では、常に人ごみに囲まれ、ハレアカラの本来の良さを味わう事は出来ないような気が。日の出を見る時も場所取りが大変なくらいに人が多い、、、、まるでお花見状態、、、、、

やっぱ、アウトドアに行くからには非日常な体験をしたいもんです。
文明ゼロの状態で自然を堪能するにはやや苦労と工夫は必要。
なのでぜひ4時間くらいの時間をとってトレイルに出てみるのをおすすめします。
不安になるほど静かで、文明のかけらも感じない不思議な空間。
贅沢だな。

Dsc00432jpg_3

ちなみに僕は嫁と2人いったのだが、無理して長距離ルートを選択。
山の途中に車をおいて、そこからヒッチハイクで山頂へ。で、車の場所まで戻るルート。
7時間くらいかかって結構大変だった、、、
車に戻ったときはほっとした、、、、、
なので、手軽にと言うのであれば1個目のクレーターで十分。

ジェットボイルとおいしいコーヒー豆もっていけば、最高のコーヒー飲めますよー。

Dsc00356jpg_2

装備はこっちらー。
服装:
10月は朝5時くらいは0度前後、昼間は一気に真夏の気温になります。
ザックの中には薄いダウン、防風のシェルなどの冬物を入れといて損なし。てか必要!
あと昼間の着替えようにTシャツ、短パン、日焼け止めは携帯しましょう。

シューズ:
地面は細かい砂と岩が多く、グリップ悪いです。砂漠みたい。それなりのトレッキングシューズ<トレイルアスレチック系>が必要ですね。僕はナイキACGアスレチックシューズで行きました。テオカリやシールセンがいいかな?ちゃんと溝のあるソールで行きましょう。フォース1やオールスターとかは苦労しますよ。

ルート確認:
コンパス、マップは絶対。ないとけっこう不安になります。
それくらいに人がいないのです。目印もないし。

お楽しみ系:
コーヒーセット。
ジェットボイルを使用していますが、これ最高。コンパクトで便利で手放せません。
足場が悪いので、安定させるためにトレーなどあるといいかもですね。MSRのストーブ用折りたたみベースで十分です。
あと水は出来るだけ持っていきましょう。あついので結構消費しますよ。

Dsc00450jpg_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらためて

これから地道にアウトドア関連の記事でも集めていこうとおもいます。
アクティビティー、ロケーション、道具などいいと感じた事であればなんでも。
それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »